生きがい福祉事業団とは
公益財団法人船橋市生きがい福祉事業団は、昭和55年に船橋市が出資して設立されました。
生きがい福祉事業団とは船橋市に居住する高齢者等が会員となり、長年培った経験や能力、知識等を生かした仕事をすることにより、地域社会に貢献し、また、追加的収入(配分金)を得るとともに、生きがいと社会参加をはかることを目的としている法人です。
生きがい福祉事業団は、一般家庭や企業・公共団体などから臨時的・短期的・その他軽易な作業を請け負い、会員の希望や経験、能力に応じてその仕事を会員に提供します。会員は生きがい福祉事業団から請け負った仕事をすることにより健康と生きがいを見つけ、社会参加を通じて地域社会の福祉向上に貢献し、活力ある地域社会づくりに寄与しています。
生きがい福祉事業団は、営利を目的としない公共性の強い性格を持った公益財団法人です。
生きがい福祉事業団は、地域社会のニーズに対応するとともに、労働者の職業生活からの引退の過程をできる限り円滑に移行させることをもはかるものであり、また会員の方々が自発的に就業の機会をつくり出し、また掘り起こし、会員の方々の自主自立・共働共助の精神によって活動しています。
また、生きがい福祉事業団では、平成22年度から船橋市西老人福祉センターの運営を船橋市から受託し、指定管理者として西老人福祉センターの施設管理のほか、高齢者が健康で明るく生きがいのある日常生活が送れるよう、各種相談に応じるとともに健康の増進、教養の向上及びレクレーション等の事業を行っています。
生きがい福祉事業団の基本理念
会員の一人ひとりが豊かな経験と知識をいかし、お互いに協力し合いながら、仕事を開拓し、働くことによる社会参加・地域貢献を理念としています。
事業団の仕組み
●ご依頼の仕事は、生きがい福祉事業団が責任をもって請け負います。
●生きがい福祉事業団は、登録されている会員に仕事を提供します。
●生きがい福祉事業団は、会員に、仕事の実績に応じて「配分金」を支払います。
ここに注目
●生きがい福祉事業団で扱う仕事は、臨時的・短期的・その他軽易な作業が中心となります。
●地域社会での日常生活に密着した仕事になります。
●生きがい福祉事業団では、就業日数や収入の保障はしていません。
●生きがい福祉事業団と会員、会員と依頼者の間には雇用関係はありません。(就職ではありません。)
●仕事をする会員とは雇用関係がないので、労災保険の対象にはなりません。仕事中や仕事先への往復時に事故があった場合は、生きがい福祉事業団が加入するシルバー保険(傷害・損害賠償)の適用が受けられます。